☆新田小学校 校区紹介

                                  ☆眞覚寺説明文中の4行目・天地2年は天和2年の誤りでした。天和2年に訂正を致します。


☆タウンウォチング 探してみよう!名所・旧跡

☆眞覚寺石碑・道標建立

天神社から千里中央へ抜ける開発地域に『他力というのは如来の本願力なり』と刻まれた石碑と道標が建立され、平成27年3月1日に除幕式が行われました。

☆上新田2丁目天神社から千里中央へ抜ける道に新田地区案内の看板が出来ました。上新田地区年間行事・上新田天神社・曉雲山眞覚寺の案内、地図にはAED設置場所などが掲載されています。立ち寄られた際はぜひ、ご覧ください。

☆上部掲載の写真は上新田天神社・旧新田小学校・新田地区のお勧め桜スポットです。(平成27年4月2日撮影)

☆スライドショーでご覧ください。

☆五月晴れの穏やかな日、眩いくらいの新緑に心が癒されます。新田地区を散歩してみてください。

旧新田小学校・旧新田小学校横の竹藪・天神社・パークヒルズのけやき坂(豊中百景のひとつ)です。

《新田地区の年中行事紹介 その1 天神社 とんど祭り》

平成28年1月14日木曜日 午後8時より天神社広場にてとんど祭りが行われました。

 前年度の感謝の気持ちとその年の豊作や無病息災を祈るため櫓を立てそれを火で焚く行事で毎年1月の14日頃行われます。自治会の9班で持ち回り担当します。今年は自治会5班が担当しました。

櫓つくりは、藁・松・竹の事前準備から始まり、組み立てるだけで約3日かかります。松を中心にして竹で囲み骨組みをつくり、藁を詰め周りを藁で巻いていきます。朝から夕方遅くまで班のメンバーが一丸となって作業し当日の午後に完成しました。

 午後8時に天神社でご祈祷を受けた当番の者が神燈より松明に火をつけ、櫓の中に入り、伊勢音頭を唄いながら火をつけたり消したりし、最後に火をつけたままにして中の者が出てきます。火が真っ直ぐに上がるとその年は豊作になると言われています。今年は真っ直ぐに火が上がり見事でした。

 5班の皆様お疲れ様でした。その様子を組み立てから写真に収めましたのでご覧ください。